とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンが回復しました(^^)【70回目】現状など⑥【北海道胆振東部地震】により停電に(震度4~5)

こんにちは、こんばんは、先日の地震は、大丈夫でしたでしょうか。

 

わたしのところは、わりと震源から近いところなものですので、かなり、揺れました。

震度の発表によると、4~5あたりとゆうことでした。

 

いきなり、地震が激しくきまして、電気が消えましたね。

まったく、自分の手も見えないくらいに、真っ暗になり。

子供らもすぐに起きました。

わたしは、あまりにもビックリしたので。

窓を開けて、子供らに「家がつぶれたら、すぐにここから飛ぶぞ!」

と言いましたね。

わたしは、もう、地震自体がずいぶんとしばらくぶり、大規模なものは、数十年ぶりでしたので、免疫がなくなってましたね。

だいぶ昔には奥尻沖の【北海道南西沖地震】の時には、海まで行き、海水が上がってくるのを見ましたね。

船も、陸に上がったりしていたように思います。

今回は、【北海道胆振東部地震】とゆう名前になったそうですね。

かなりビックリでした。

わたくし、あまりの恐怖で、結局、窓から飛びましたね。

よく、捻挫などもせずに、なんの光もない中で、飛んだものだな、と思います。

もう、「これはもう、家が完全につぶれるな」と思いましたね。

地震で最も多いのは、二階から上が落ちてきて、潰されてしまう、とゆうことだそうで、1階にいる人は、もっとも危ないそうです。

高層ビルなんかも、下にいる人たちのほうが、なんだか危ないみたいですね。

 

子供らは、冷静に、玄関から出てきました。

真っ暗だったので、どこに玄関の階段があるのかわからず、揺れが収まってから、子供らに、玄関にある、懐中電灯を、取ってもらいました。

 

その後、テレビも、電気もつかないので、おとなしくしておりましたが、何度か、けっこう、いい揺れが来て、ビックリしたりしてましたね。

 

その日は、どこもかしこも、町中が混乱しているようで、バスも止まっているので、車だけが、走っていました。

「やっているスーパーでも、探しているんだろうかな・・・」

と思ったりしておりました。

 

そんな最中、とある飲食店にて、炊き出し、とゆうのを行っておりました。

たまに、行かせてもらっているお店なんですが、炊き出し、とゆうのを初めて目にしましたので、行ってみました。

「炊き出しって・・・なんだろうか・・・」と思い、子に、入ってみるか?と聴きますと、入ってみる、と言います。そして、店内に入りました。

すると、【あんかけ焼きそば】を、無料で、なんと、提供してくださる、とゆう。

なんだか、やけにたくさんの人が、そのお店に入っては、袋を持って出ていくな・・・

と思っていたところ。

なんと、無料で・・・提供してくださる、とゆう。

f:id:sakuratei2570:20180909015104j:plain

子供らと行ったので、3人ぶん、頂きました。

ありがとうございます<(_ _)>

f:id:sakuratei2570:20180909015240j:plain

でっかいエビまで入っており、子供らも喜んでおりました。

 

次の日に、スーパーに行ってみると、一人五点まで、とゆうことで【肉・魚】類などはありません、とゆうことでした。

わたしは、バナナやパンや、ろうそくなどを購入しました。

店内の入り口で、欲しいものを店員の人に言い、持ってきてもらう、とゆうスタイルでした。

 

その日は、子供らの学校も休みになりました。

まさかまさかの、五連休、とゆう形になりましたね。

 

電気はつかないけれど、水道は大丈夫でしたので、インスタント系を食べたりしておりました。

お湯が出ないので、水で、シャワーに入りましたね。

子供らは、いやがって、入りませんでしたが、わたくしは、頭がかゆくなるので、耐えられず、なんとか、入りましたね。

 

その後、イオン系のスーパーなどは、道内では全店舗、営業している、と、ワンセグのほうで拝見したので行ってみると、なんと晩の6時まで、とゆうことで、食品系のところまでたどり着くまで時間がかかったこともあり、着いたのが6時40分だったので、だめでしたね。

最初、電気がついているので、なんとか、入ったんですが。

何回か、店員の人とも目があったりしたので、まだ、やってるのかな、と思いましたが。

買い物カゴを持って、電池などを買おうとしてさまよっていると。

店員「今日、6時までなんで~」

と言ってきましたね。

【こんなに・・・ギンギンに電気もついてるのに・・・電池くらい・・・・売ってくれても・・・いいじゃん・・・】

と、まあ、思いましたけれども。

 

その後、電池など、いろいろとあきらめ・・・帰宅・・・。

汗だくになったのと・・・雨に打たれたので・・・冷水でのシャワーに。

 

しかし、その後、地震からおよそ【40時間程度】を経過した午後10時すぎころ、停電復旧!!

停電で、もっとも役に立ったのは。

自転車のライトでしたね。

かなり明るいタイプのものを使っていれば、単四の電池三本で、30時間くらい持つので、かなり明るいです。

あとは、ろうそくですね。

まあ、仏壇に手を合わせる用のものなので、一本5分しか持たないですが。

大きいタイプになると、一本で一時間は持つので、かなりありがたいと思います。

 

停電が復旧してから、町に行ってみると。

わりと、通常営業に近いような形になっていました。

が、商品などは、まだまだそろってないようでした。

f:id:sakuratei2570:20180909021238j:plain

f:id:sakuratei2570:20180909021433j:plain

スーパーでは、まだまだこんな感じですね。

セブンさんでは、なぜか、蒙古タンメンカップ麺では、たくさん、そろってました。

f:id:sakuratei2570:20180909021518j:plain

撮ってないですが、【辛ラーメン】もやけにスーパーでは、そろってました。

あまり、こうゆう震災時には【辛ラーメン】は人気が、いまいちのようでした。

わたしも、辛いのは好きですが、【辛ラーメン】だけは、ちょっと、辛すぎて苦手です。

f:id:sakuratei2570:20180909021746j:plain

ガラーン・・・となっちゃってますねー

f:id:sakuratei2570:20180909021819j:plain

なんとか、電気はついたものの・・・

とゆう感じです。

 

ほかのスーパーに行くと、卵がありましたので、購入しました。

卵は、完全食品、と言われており、さまざまな栄養素があるので、好きですね。

各種ビタミンや、たんぱく質などが豊富ですね。

 

そして、【辛ラーメン】は苦手だが・・・なんだか最近、あまり辛くなくなった、蒙古タンメン(中本)を、しばらくぶりにお買い上げしましたね。

まあ、あまり体に良いものではないうえに、カロリーも一つで500kcal以上あるので、あまり頻繁に食べるのは、おすすめできません。

 

しかし、今までにも、昔から、【体に悪いもの】の代表選手のように言われてきた、インスタントラーメン・カップラーメン、ですけれども。

なぜだか、いくら調べても。

【発がん性】がある、とゆうようには、どこを調べても、書かれてないんですね。

かといって、どんどん食べるのは、おすすめしませんよ。

 

カップラーメンなんかは、ほとんど必ず、油で揚げている、いわゆる【即席油あげ麺】とゆうように、裏の商品名のところにも、書かれているので、かなり大量の油を使っているはずだし、毎回、新しい新鮮な油に変えている、とゆうことも、考えにくい。

ポテトチップスなどは、じゃがいもを、高温の、しかも新鮮ではない油で、大量に生産されていく過程で、発がん性が認められたりしてますが。

同じく、新鮮でない、高温の油で作られる、カップラーメンには、発がん性がない、とゆう流れなのが、いまいち、不安はありますね。

 

マヨネーズとか、マーガリンなんかは、アメリカでは【飲むプラスチック】と言われており、今年【2018年】中に、販売を禁止する、とゆうことになったようですが。

日本では、マヨネーズや、マーガリンなどは、普通に販売されていますね。

 

次に、騒がれるのは、もしかすると、カップ麺かもしれませんね。

 

マヨネーズや、マーガリンなんかもそうですけれども。

発がん性のあるものを販売するのは、別にいいんですがね。

たばこと同じように、注意書きを書くべきではないでしょうかね。

【あなたの健康を損なう恐れがあります】

とゆうようにね。

 

あと、たばこやアルコールとは逆に、20才以下の未成年は禁止。

とは逆に、免疫力が弱くなっていき、ガンにもなりやすい30代以降の方々に対して、【20禁】などとは逆に、【30以上禁】とゆうような、そうゆうのをやるべきではないかな。

【30才以上の方は、免疫力が弱くなっておりますので、当商品をお買い上げの際にはご注意ください、あなたの健康を損なう恐れがあります】

とゆうようにね。

 

生命保険の会社さんなんかは、こうゆうのをやると良いんじゃないのかね。

例えば、誰もがご存じであるところの、【ラジオ体操】。

あれなんかも。

生命保険会社が、「保険に入ってくれた人が、すぐに病気になってしまっては、儲からない。健康でいてくれるように、ラジオ体操とゆうものを普及させよう」。

とゆう流れで、始まったものだとゆうお話しもあります。

月に一万の保険料で、三年後に病気になられて、数千万もの支払い、では保険会社も儲からないですからな。

 

あと、イオンさんのお店から、大きい病院が見えましてね。

考えましたよね。

「ああゆうところは・・・たぶん、自分のところで発電機を置いてはいるんだろうな・・・」と。

地震による停電などで、いきなり病院全体が停電、となると、あまりにも被害が大きい。

人工呼吸器をつけて、なんとか生きている人だったり。

人工透析の方も、大変です。

2月の真冬だったら、どうなるのか。

8月の真夏など、こっちはまだ良いけれども、東京のほうとか、関西の京都などはかなり暑いようなので、病院でもしクーラーがとまったら、なんとか、ぎりぎりで生きている人なんかは、持たないだろうな。と、考えたりしましたね。

 

あと、地震などで家から逃げる際なんかは、病気のある方は、薬なんかは、財布と同じくなるべく持ったほうが良いと思われます。

わたしの場合は、パニック症などもあるものですので、安定剤がないと、どうしてもきついので、カバンや財布に、常に入れてありますが、窓から飛んだりして、家がつぶれてしまったら、薬もなくなるので、きついですね。

鼻の呼吸ができなくなると、恐怖心からか、過呼吸になってくるので、ここ10年以上も、鼻のスプレーを常に持ち歩いているんですが。ポケットに一つ、カバンに2つ、「ナザールスプレー」「スットノーズ」など、鼻の通りを良くするスプレーを、ここ10年以上、体から離したことが、ほとんどないほどに、依存していますので、地震などで、手元になくなることを想像すると、きついですね。

鼻のほうは、「鼻腔閉鎖症」とゆうものらしく、鼻の奥の空気の通りが、良くないそうです、わたくし。

鼻の穴が狭いわけではないんですがね。

鼻の奥の「鼻腔」が狭いようです。

 こちら、ナザールスプレーです。

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」(ポンプ) 30mL

 

とにかく、安いのでおすすめです。

ただ、一定量吹き出し【ポンプ】タイプなので、微妙な量の調節ができません。

なので、ちょっと、使いたいな、とゆう時にも「ビシュッ」とたくさん出るので、きついです。

 

それに対して、こちらは【スプレー式】なので、微妙な量の調節ができます。

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」 30mL

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」 30mL

 

 ただ、どちらも30mlなので、ポケットに入れるには、多少大きいですね。

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」 15mL

【第2類医薬品】ナザール「スプレー」 15mL

 

なので、こちらの15mlをポケットに入れ、30mlのほうは、カバンに、もしも「ポケットに入れ忘れた時」のためだったり、外出先で、使い切ってしまった時のために、カバンに30mlのほうを、入れておくと良いですね。

値段的には、30のほうも、15のほうも、100円ほどしか違いません。

寝る前なんかや、運動前なども、鼻呼吸の通りが、数時間ではありますが、完全にスースー通るようになるので、良いです。

 

では、とりあえず、現在、お湯でシャワーも入れるようになりました。

携帯もつながるようになり。

ネットも、つながりました。

 

なんとか、生きております(*‘ω‘ *)

 

では、このあたりで、失礼いたしますぞ(*´ω`)ノでわでわ

 

とうとう・・・ガンが回復しました(^^)【69回目】現状など⑤【発疹(薬疹)だいぶ回復】

こんにちは、こんばんは、しばらくぶりの更新になります。

 

正直なところ、あまり、更新するような特筆すべき点、とゆうのか、そうゆうものがなく。あまり、頻繁なる更新はどうにも、筆が進まないというのか、キーボードが進まないというのか(;´・ω・)💦

 

ここ最近は、わりと、順調に回復していっている感じです。

ブレオの副作用から出始めた【上半身の発疹(薬疹)】のほうも、なんだか、いつのまにやら半分くらいに減りました。

新しくプツプツと出てくる、新しい発疹は、あまり出てくることがなく、以前からあるものが残っているものが多い、とゆう感じになりました。

 

また、しつこいようですが、抗がん剤をこれからされる方は、ブレオマイシン(ブレオ)で熱が高く出て、体のどこかに(決まってないようです)、プツプツと発疹が出てきたら、【薬剤性の肺炎(間質性肺炎・肺繊維症)】の可能性がかなりあるようなので、気を付けてください。

 

抗がん剤の副作用の、薬剤性の肺障害(間質性肺炎)のほうの治療薬である、ステロイド剤【プレドニン】のほうは、今は1日に朝に【4錠】に少し減りました。

2か月前に、かなり咳がひどくなり、CT画像のほうもかなり肺が悪化してしまっていたので、いったん、プレドニンが増えまして【6錠】になりましたが、だいぶ回復したようで【4錠】です。

やはり、副作用である【顔面満月状(ムーンフェイス)】のほうは、まだ少しあります。

ですが、なんだか、副作用に耐性ができてきたのか、以前ほど(ムーンフェイス)のほうは、落ち着いてきたような感じがします。

ただ、たんに、この顔になれただけかも(;´・ω・)

 

睾丸が一つ減ったせいなのか、更年期なのか、なんだか、以前よりも、怒りの沸点が低くなったような、そんな感じが少ししますかね。

あまり、怒らないように、なったような、そんな感じです。

 

ただ、バスの中では、静かに怒ったりしています。

女子高生が、満員のバスのなかで、人さまがみなさん、お立ちになっているのに。

女子高生様がね、ご自分のお高い、立派な立派なね、お鞄(かばん)様をね、みなさん、自分よりも、みなさん、年上で、足も疲れているでしょうにね。

50代の仕事帰りの疲れ切ったお父さんとかね。

育児をしてね、1日中子供をだっこしてね、3時間に一回寝ることもできないでね、ミルクを上げて、なんとか必死に、必至に、家族の食事のために、バスに乗って買い物をしてね。

そうゆう人たちを、立たせて。

女子高生様は、ご自分のお鞄(かばん)様を、お座されあそばれる!!

さも!!!

「べーつにーーいっつもーーーこーーだしーーー・・・ヘーーイ!!」

って感じでね、カバンを、座らせているのを見ると、脳天がぶち切れる。

 

ちょっと前にも、おカバン様を座らせておられる、女子高生様の、おカバン様を、わたくし・・・

ドッカリと!!尻(しり)でつぶしてやるチャンスやでぇ!!!

と思いましたのでね。

ドッカリ行ってやったんですがね。

その、くされ女子高生やろうがね。

スッ!!

とね・・・・

おカバン様を、どかしあそばれましたね。

うちのものがね、そんなね、おカバン様を人さまがね、お立ちになられているのに!!

座らせようものならね・・・。

すまんけれども、わたくし、大暴れですよ。

子供らにも悪いけれども。

やっちゃいますよ。

家庭内暴力

なっちゃいますよ。もう。

暴力団に!

暴力団??

いや、違う。

正義の怒り!!!!!!!

不動明王のような!!

悪に対する激しい炎のような怒り!!

火が・・・ついちゃいますよ。もうね。

もう・・・大変なことになっちゃうよ、もう。

 

悪いけどね、あたくし、でっかいから、なかなか、あばれたら、止められないよ。

ぬっふっふっ。

 

かなり、お話がそれましたけれども。

怒りの沸点が・・・こうね。

下がってないのか・・・?

うーむ。

子供らが、なんかやっても、あまり、腹がたたなくなったですよね。

やけに、もう、中学にもなったのに。

「うんこ~うんこ~」とか・・・。

子供らの、下の弟のほうなんかが、歌ってると。

「うんこって言うの・・・やめたんじゃねぇのか?」

と、言ったりしますけれども。

とくに、怒ってない。

以前でしたら、「ま~た・・・うんこうんこ・・・言ってやがる・・・」

とゆう、ほのかな怒りがわいてきてましたけども。

なんだか、怒りが、あまりわかなく、なりました。

そんな感じです。

 

体内酸素濃度のほうは【96~97】くらいをキープしています。

たまに98とかになりますが。

「ふふ・・・すっかり・・・良くなったなぁ・・・」

とか思っていると、すぐに96になっているので、油断できません。

 

現状、とにかく、発がん性がある、とゆうようなものは、取らないようにしています。

アルコールだけは、やめることができず。

とゆう感じです。

アルコールは、発がん性がある。

とゆうカテゴリー1に分類されてしまい、軽くショックですね。

今までは、🍶酒は百薬の長、とか言われていたり、飲みすぎなければ、むしろ体に良く、血流をよくしたり、ストレスを軽減するのに役だったり、良い点もあったんですが、とうとう、アルコールそのものが、発がん性が認められるカテゴリー1に、分類されてしまいました・・・・。

かなり切ないですね。

 

あたくし、一人でいると、どうしても・・・・

激しくマイナス思考の連鎖に、落ちてしまうものですので、アルコールは、欠かせないのですが。

まさかまさかの・・・発がん性カテゴリー・・・最大のカテゴリー1とは・・・。

喫煙と同時に摂取すると、20倍の発がん性になるそうなので、お酒と喫煙を同時に、楽しまれておられる方は・・・本当に・・・気を付けてください。

お酒と喫煙、同時はもう、本当の本当に、マズイみたいです。

本当に気を付けてください💦

 

あまり、頻繁に更新しなくなってしまいましたが。

昔からこう、「便り(連絡)がないのは、元気な証拠」。

とゆうね、都会に一人で出た子供から、連絡がなかったりするのはね。

むしろ、元気でいる、証拠なんだよ。

とゆう、そうゆう、言葉もあるので。

まあ、元気といっていいのか、なんなのか、あれですけれども。

なんとか、生きております(。-`ω-)イキテマス

 

では、しばらくぶりですが、このあたりで、失礼いたします(*‘ω‘ *)ノでわでわ

 

とうとう・・・ガンが回復しました(^^)【68回目】現状など④【再発の検査】咳がつらいです。

こんにちは、こんばんは、せもっちです(*‘ω‘ *)

 

先日、退院してから2回目の、再発の検査に行って参りました。

 

朝からまずは受付機で、受付を済ませ、泌尿器科の受付に行きました。

まずは、【採血・検尿】からです。

採血のところで、血を2本分とりました。

以前は、ここで、最大で16本分取り、年期の入った女看護師の方に、「今まで、こんなに取ったことないよ」と言われたことがあります。

ついでに、ちょっとビックリしたので、「今までは、どのくらいが最高ですか?」と聞きました。

すると、「14本くらいだね」

と言っていました。

なるほど、あまり16本取る人は、いないんだな、と思いましたね。

 

その後、トイレにカップを持って入り、尿を75ml出し、そのままガラス窓に提出しました。

尿のカップを以前もらったのを、もっていましたが、朝にうっかりトイレですべて尿を出してしまい、せっかく3か月とっておいたけれど、置いてきました。

 

その後、【造影剤】を投与しての、【CT撮影】です。

造影剤は、CTの撮影するところで、横になり、撮影する直前に、腕から注射で投与します。

造影剤は、いろいろとトラブルが起こる可能性があるらしく、【同意書】などを書く必要があります。

CT室で造影剤を投与されると、体の上半身が熱くなります。

感覚としては、酒に酔った時のような感じです。

ただ、酒と違って、かなり早いスピードで、あっとゆうまに体の上半身が、熱くなってくるので、やはり少し、酒を飲んだ時とは違うようです。

ただ、造影剤の投与前に、体が熱くなります。

と言われたり、毎回、「造影剤でなにか起きたことはありますか?」とゆうようなことを聞かれるので、緊張感はあります。

そういった【同意書】を書いたり、造影剤の前に、なにか起きたことはないか?

とゆうような質問をされたりするのも、また、造影剤の恐怖心をあおってきますが、あまり気にせず、体が熱くなっても、恐れないことが大事です。

わたしはいつも【酒を飲んでほてっている】ような感じをイメージすることにしています。

やはり、いささか、上半身がかなりのスピードで温かくなってくるので、ちょっと、あせりそうになりますが、パニックになってしまっては、大変だからです。

 

MRI】などと違って、ドーナツ状の丸いなかに入るわけですが、MRIのように、長い土管のような形状のものではないので、閉鎖間は少ないです。

時間的にもMRIは一時間とか入りますが、CTは5分くらいで完了します。

 

CTが終わったあと、いよいよ、泌尿器科に戻り、先生のところで、診断とゆう形になります。

泌尿器科は、呼吸器科よりも待っている人が、かなり多いので、毎回一時間以上待ちます。

人が少なくなったのを見計らって、ちょっと、横になってうつらうつら、とやったりもします。

ただ待っていると、恐ろしくなってくるのもありますので、あまり考えず、横になっているのがベストですね。

人がまだ多い時は、横になってはいけません。

 

番号を呼ばれ、とうとう、診察、診断になりました。

去年、精巣腫瘍になり、睾丸を摘出したあと、1か月後の検査では大丈夫でしたが、3か月後のCTで、【リンパ節の腫れ】が見つかり、化学療法【BEP療法】とゆうことになりましたので、今回も3か月目、でしたので、恐ろしい気持ちがかなり強かったですね。

その時の先生は、今はもう他の病院に行かれたようでした。

 

診断によりますと。

どうやら、【腫瘍の再発】は、ない、とゆうことでした。

おお・・・・!

と、ひどく安心しました。

 

そして、肺の片方の下のほうが、かなり真っ白になっている部分があり、気になるので、【呼吸器科】のほうにちょっと、行ってください。

とのことでした。

先生は、呼吸器科の先生のほうに、連絡を入れておりました。

その後、そのまま、呼吸器科のほうに行きまして、レントゲン画像をとることになりました。

1日に2回も、強烈に放射線を浴びることになるとは・・・。

と、ちょっと思いましたが、仕方のないことです。

 

レントゲン撮影のあと、呼吸器科に戻りました。

わりと早く、診察に入りました。

わたしは、前回も、咳が激しく出るので、溶連菌のようなものになっているのではないですか?

と、最初、問診にきた、看護師の方に言いましたが、同じ人のようでしたが、先生には伝わっていなかったようでした。

今回も、咳が激しく出て、微熱や、喉の痛み、色のついた痰が出ることなど、いろいろと看護師の方に言いましたが、先生の診察の最中に聴いてみると、まったく、看護師さんに言ったことは、今回も伝わっていなく、同じことを2回いうことになりました。

先生に伝えていないのなら、看護師の方の問診は、意味があるのだろうか?

とおもっています。

看護師の方は、正確のこちらの言いたいことを、先生に伝えてくれていない可能性がありますので、看護師の方に言ったからといって、【先生にはもう、伝わっているだろう】と思わず、1から先生に言うようにしたほうが、良いようです。

まあ、人も多いですから、疲れるんでしょうな。

 

診断では、最近は1日に何回もうがいをするようにしていることもあり、咳や喉の痛みがだいぶ治まっていたこともあるのか、ないのか、溶連菌ではないんじゃないか。

とゆうことでした。

ただ、5日分ですが、溶連菌などに効く、抗菌剤を出してもらえました。

やはり、なんだか調子が良くなったような感じがします。

溶連菌かどうかは、調べては、もらいませんでした。

あまり「いいから、溶連菌の検査をしてくれませんか?」

と、強く出るのも、良くないように思ったからです。

 

溶連菌は、個人的にネットなどで調べましたところ。

3人に一人は、喉の奥のほうに【溶連菌】の菌がおり、免疫力などが低下した時に、溶連菌が増殖し、咳などの症状が出る、とゆうことでした。

わたしは、3年に一度くらい、咳が1週間以上も止まらなくなったり、いつもなりますので、だいたいその時は、溶連菌なので、わたしもおそらく、喉の奥に、溶連菌が在中している一人なんではないかな、と思います。

溶連菌になったら【ペニシリン系】の抗菌剤が出ますが、それを、数日分も飲むと、すっかり症状が良くなるので、飲むことをやめてしまいますが、2週間分出るのが基本なので、それをすべて飲むことで、しっかりと溶連菌を、0にすることができる、とのことです。

わたしは、ダイフェン、とゆう抗菌剤と抗生剤が合わさったような薬を、飲んでいますが、喉が痛くなったので、プレドニンが足りないのか、違うものなのか?

と思いましたが、自分用に購入した【オキシメーター(体内酸素測定器)】では、97%くらいなので、なにか、違うことが起きているのでは?

とゆう気持ちがありました。

痰が出るのも、変ではないか、とも思いました。

ダイフェンをいくら欠かさずに飲んでいても、まったく良くならないので、ネットで調べてみると、溶連菌などの場合には【ペニシリン系】の抗菌剤でないと、効かない。

とゆうことが書かれていましたので、まあ、いろいろと考えこんだりしていました。

 

とりあえず、なにやら、特に深刻な問題はないのではないか、とゆうことで、前回処方して頂いたプレドニンなどを飲んで、予定通り、に翌月にまた来てください、とのことでした。

抗菌剤や、咳止めなども処方してもらったので、帰りに薬局で頂きました。

 

その後、胸に今も入っている、点滴用に手術をして埋め込まれている、ポートのほうが、詰まってしまうことがあるので、【ポートフラッシュ】とゆう、ポートに液を流して、ポートの詰まりを予防するための注射を、採血の受付のところに行き、胸部のポートに注射してもらいました。

しかし、なにやら、なにかあったようで、先生に連絡をしたりしておりました。

どうにも、すでに【ポート】は詰まってしまっており、液が流れない、とゆうような感じのようでした。

ポートが詰まってしまったようでしたが、とりあえず、帰宅させていただくことにしました。

詰まって、使えないポートを、胸にポッコリと埋め込まれている、と思うと、切ないですね。

 

とりあえず、腫瘍が再発してなくて、良かったなあ、とゆうところです。

なんだか、ついに、ガンが回復!

と同じくらいに、嬉しいですねぇ。

再発だと、隣の都市の大学病院に入院治療なので、恐ろしいですね。

 

とゆうところで、今回、なんとか、助かった。

とゆう、そうゆうところです。

 

それにしても、温暖化のせいか、ずいぶんと本州のほうは、熱いようですね。

こちらも、ついに先日、31度になりました。

熱い日の外出には、必ず帽子をつけましょう( `ー´)ノ

 

では、失礼いたします(*´ω`*)でわでわ

とうとう・・・ガンが回復しました(^^)【67回目】現状など③【プレドニンの食欲増加の副作用のきつさ】発疹(薬疹)が増えて大変です。牛乳のお話しも少し。

こんにちは、こんばんは、せもっちです(*‘ω‘ *)

 

なんとか、今のところ、92まで下がってしまった【体内酸素濃度】も、自分用オキシメーター計[98~96]まで回復!

と思いきや・・・!

 

ちょっと、病院のほうをさぼってしまったとゆうか・・・

せっかく、一錠(5錠)まで減ったプレドニンを、前回、入院を進められるほどに悪化してしまったところを、自宅で6錠(30mg)飲むことで、なんとか入院を回避することができたのですが、ちょっと酸素濃度が上がって、楽になってくると・・・

さぼってしまった、とゆう・・・

今のところ、少し忘れてしまったりしたプレドニンの残りを、勝手に1日に一粒ずつ飲んだり、とゆう感じでなんとかやってますが・・・

とうとう・・・

酸素濃度が96に下がりましたねぇ・・・

 

軽い、息苦しさがあるような、ないような・・・

そんな、感じです。

 

いや、あるような気がする・・・

息苦しさ・・・

あるような気がする・・・

 

病院から電話が着てましたね、そういえば。

行ったほうがいい、とは思っております。

 

でも、悪化して放っておくと、普通の肺炎ではないので。

肺の肺包とかが【線維化】していってしまう、大変にまずいものなので・・・

怖いですね。

 

発疹が、とにかくもう、ひどくて、ひどくてもう・・・・・・

プツプツが・・・もう・・・毎日増え続けている感じですね。

もう、写真を載せようと思います。

f:id:sakuratei2570:20180712151054j:plain

左腕ですね、太っちゃったのでなんか、足みたいですけれども、腕です。

右腕もこうです。

f:id:sakuratei2570:20180712151227j:plain

なんとか、首と顔、腰から下(足も)無事ですが、臍(へそ)から上が、全体的に、もう、ちょっとした発疹の【銀河系】ですね。

前腕だけでなく、上腕、肩もひどいです。

とくに【肩・胸の上部・背中・脇】は大銀河団ですね。

どうしても、しぼりたくなりますね、体にでるニキビみたいな感じです。

しぼったところで、跡が残るだけだし、減ることもないので、しぼりたくないですが、つい、気づくと、にくい発疹をしぼったりしてますね。

しぼると、ニキビほどではないですが、透明な水のような体液が、出たり。

大き目なものだと、少し白っぽい、水のような体液が、出たりします。

白っぽいのが出ると、全身にニキビが星のように出ている、とゆう気持ちになります。

上の、腕に出ている発疹が、さらに増えたのが、上半身全体に出ているような、そんな感じです。

 

とりあえず、早く、行ったほうがよさそうですね、病院に。

 

ああ、そうです。そうです。

プレドニンの食欲が、すごいですね(;´・ω・)ムウ・・・・・・

なるべく、カロリーのないものを飲んだりして、食欲をごまかしたりしているんですが。

どうにも、プレドニンの食欲増加の副作用のほうは4~6粒(20mg~30mg)の使用量の時が最も強くでる、とネットに書いてましたけれども。

1錠になったんで、忘れてましたが、また6錠に戻って、とてつもない食欲で、きついです。

夜間に、寝る前とか、眠剤を飲んだあとなど、ちょっと尋常ではない食欲になります。

もう、我慢しないと、いくら食べても、意味なしですね。

我慢できずに、やはり時に、食べますね。

そうすると、どうなるのか?

もう、腹がぱんぱんになるまで、食べますね。

それでも、もう、腹がぱんぱんで、もう食べるのは、ムリなのに・・・

まだまだ食べたい。

でも、食べるとガンガン太る。

プレドニンで、血糖値が上がりやすくなっているので、さらに、太る。

プレドニンは、血糖値が上がりやすくなる副作用があるので、糖尿病などになりやすいので、いつまでも最大量を使うことができないくらいに、血糖値が上がりやすくなるので、寝る前などに食べまくった日には、激太り、まっしぐらです。

でも、それでも・・・・

どんなに腹がぱんぱんになっても・・・

ぜんぜん・・・

まだまだ食べたいとゆう・・・

 

どうしているかといいますと。

カロリーのないスープなどを飲みまくったりしています。

そして、さらに際限なく飲み続け、吐きそうになったり・・・しています。

満腹なのに、まだまだ食べたいので、飲むと。

ゲップが出て・・・ゲプォッ・・・と、胃から出てきたり・・・

それでも、まだ食べたい。

そんな、日々です。

 

今は、プレドニンがなくなりそうなので、いくらか落ち着いてきたようです。

 

乗せなくてもいいかな、と思いますが。

もっぱら、これが好きで、飲んでいます。

いったい・・・体に良いものなのかどうか。

いちおう、入っているものに、発がん性がないかどうかは、調べてあります。

 これも、オニオンに飽きたら、飲んでいます。

味の素 クノール カップスープ ポタージュ (17.0g×8袋)×6箱入

味の素 クノール カップスープ ポタージュ (17.0g×8袋)×6箱入

 

 これも好きですね。

明治 JALスープビーフコンソメ 8袋×5個

明治 JALスープビーフコンソメ 8袋×5個

 

こっちは、なんだか、JALさんが飛行機のなかで出すものだそうです。

味が濃く、香りも強いですね。

入っているものは、大丈夫みたいです。

ただ、10年後に、いきなり・・・

コンソメスープなどに使われるコンソメに、発がん性が!」

よくありすぎーーーー・・・

って感じっすね。

たいてい・・・10年後とか・・・20年後ですよ。

「○○に・・・発がん性が!!!」ってなるのは。

もう、遅いっちゅーねん。

それが大好きで、毎日食べたり、毎日飲んだりしている人がもう、日本中に、もしくは世界中にいるものが・・・・いきなりそれ。

牛乳ですよね。

最近きてビックリなのは。

 

牛乳は、とくに大量生産しているメーカーさんは、とにかく数を生産しないとならないので、狭い工場に牛を大量につめこんで、【邪魔なしっぽを切られて】!

自分の狭いスペースから、一生涯、一歩も外に出られることもなく。

ひたすら、牛乳を作り続けて、しんでいくとゆう・・・。

子牛が生まれても、生まれた瞬間、別離させられるそうですね。

かわいそうだろう!!

牛が!!!

ちくしょう!!!

牛!!!

 

そんな、牛乳ですが、とうとう・・・

あまり、体によくない、とゆう学者や、研究者も、かなり登場しているようですね。

そりゃあ・・・そうですよ。

かわいそうだろう!!牛!!

かわいそう!!牛!!!!

 

なので、わたしは、牛乳は好きなので。

購入する場合には、必ず、地産地消のみ。

わたしの地元の、いつも、外に放牧されているのを子供時代から見ている、そこの牧場のものを、購入するようにしています。

お値段は、有名なメーカーのものと、とくに変わりません。

 

あと、牛乳でいいますと。

加工したもの。

チーズとか。

あまり、良くないみたいですね。

なので・・・まあ・・・・

感謝して、牛乳を飲んだりとか・・・しましょうか。

とゆう、そんな感じです。

 

ああ・・・・それにしても・・・・

腕のプツプツが、きもちわるい・・・

腕のプツプツに、頬ずりすると・・・プツプツ・・・ザラザラして

気持ち悪いですなぁ。

 

でもね、感謝しているのです。

生き残ったのですからね。

病院にいってなかったら・・・

今はもう・・・・

 

そうゆうことですな。

 

感謝・・・・

それを、忘れてはいけませんな。

 

では、今回も、このあたりで、失礼いたします。

ああ、今、何の関係もない話ですが、スズメが、窓ガラスに激突してきて、めちゃくちゃビックリして「ヒイッ!」って言ったわ・・・

(*´ω`*)ノでわでわ

 

とうとう・・・ガンになってしまいました【66回目】現状など②【野菜ジュースのお話し】肺障害、発疹について。

こんにちは、こんばんは(*‘ω‘ *)

 

だいぶ、久しぶりの更新になりますが、なんとか、生きております。

 

今のところ、再発がやはり最も恐ろしいので、野菜のジュースなんかは相変わらず、毎日かかさずに飲むようにしています。

相変わらず、野菜生活を飲んでいます。

カゴメ 野菜生活100 オリジナル スマートPET 720ml×15本
 

まず朝、半分のみ、寝る前とかに、また残りの半分を飲むような、そんな感じです。

味はわりと好きなので、今だに飽きることもなく、おいしく飲んでいます。

やはり、この季節は、冷やしたほうがおいしいですね。

たまに、スーパーなどでほかの、充実野菜なんかを買ってみたりしますが、こちらは容量が少し多いので、1日に飲む量が増えますが、たまに違うのを飲むと、おいしいし、味の違いがかなりわかるようになりました。

野菜生活は、かなり【アッサリ】していて、飲みやすいようになっています。

飽きがこないように作られているのではないかな、と思います。

半面、充実野菜のほうは、けっこうパンチのある甘味があります。

やや、繊維質なつぶつぶ感のようなものを、たくさん感じるので、生野菜に近いのは、もしかすると、充実野菜のほうなのかな、と思ったりしています。

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス 930g×12本

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス 930g×12本

 

容量が多いので、箱で購入する場合など、野菜生活の15本入りと比べて、12本入りなので、3日早く、なくなってしまう、とゆうのがせつないですね。

どちらも内容量に比例した料金になってますので、どちらが得とか、損、とゆうことはないんですが、1日一本、とゆう場合、充実野菜のほうが、3日早くなくなってしまいます。

3箱購入すると、野菜生活は【45本】なので、1か月半もちますが、充実野菜のほうは【36本】なので、1か月とちょっとで、なくなってしまうので、充実野菜のほうが生野菜に近いように感じているところなので、なんとも言えないですかね。

 

 スーパーなんかで、最近よく見かけるのがこれですね。

伊藤園 熟トマト 900g×12本

伊藤園 熟トマト 900g×12本

 

 この、熟トマトですが、やけに安いですね。

よくスーパーで買っています。

トマトにはリコピンなんかも入っていて、いろいろと結果的に、発がんを抑える作用があるとゆうことなので、非常にありがたいですね。

体にも大変良いようです。

 

今月、とうとう、しばらくぶりの【泌尿器科】でのCTなどもありますので、恐ろしいですね。

やはり、再発を一生恐れて生きていく、とゆう形にはどうしてもなると思いますが、検査はやはり、恐ろしいですね。

ひたすら、偉い先生が言われていた、わたしの

「再発の可能性はどれくらいですかね?」

といった内容の問いに対して

「かなり低いと思います」

と言ってくれていたことを、信じて、なんとか頑張ろうと思っています。

 

薬剤性の肺障害のほうは、一旦悪くなってしまい、先日、予約をとり、検査に行ってきたんですが、かなり悪くなっており、先生からは入院を勧められましたが、なんとか、錠剤の服用での治療を、錠剤のほうを最大限にしてもらう、とゆう形にしてもらいましたが、だいぶ良くなってきました。

オキシメーターでの、体内酸素量をいつも自宅で測っていますが、先日、悪い時ではとうとう通常時でも【92】などに下がってしまいましたが、今は【96~】くらいまで戻りました。

ちょっと運動をしたりすると、【82】などになってしまい、かなりの苦しさでした。

脈のほうも、すぐに180などになってしまい、苦しいですね。

 

なんだか、どうにもなかなか、発疹のほうが、消えるどころか、増えてきているように思います。

薬疹、っていうんですかね。

たぶん、ブレオマイシンの肺障害が起きたあたりから、出るようになりましたが、肺の調子が悪くなると、増えてくるような、そんなように感じます。

風呂場で、体を洗っていると、「ああ・・・また・・プツプツが増えたなぁ・・・」

と思ったりしています。

大丈夫なんでしょうかね。

 

体毛の感じが、変わりましたね。

髪の毛の質も、変わりました。

体のほうも、腕がとくに変わりました。

肩の三角筋のあたりや、上腕三頭筋の腕の外側、そうゆうところには、わたくし、あまり毛は生えてない人だったんですが。

生えてますね。

一時期は、顔の今まで生えたことのないところから、たくさん薄い髭が生えたりもしましたが、何度か剃っているうちに、顔の髭は、戻ってきたような感じがします。

戻ってきた、とゆうのは、以前から生えていたところに生え、生えてなかったところの髭は、なくなってきた、とゆうことです。

 

では、このあたりで、失礼いたします(´・ω・)でわでわ

 

とうとう・・・ガンになってしまいました【65回目】現状など①【ガンにならないために気をつけたいことも書いてます】

こんちには、こんばんは、せもっちです。

 

最初、睾丸が硬くなり、街の個人病院に行ったあと、大きい病院を紹介されてから。

来月でとうとう、一年になります。

現在は、ブレオマイシンによる副作用である【薬剤性肺障害】のほうは、前回の検診で、ステロイド剤【プレドニン】のほうを、また一粒薬を減らしてもらえることになりまして、一日に、朝に合計3粒、一粒5mgなので、15mgを服用しています。

どうにも、プレドニンの副作用である、食欲増進や、顔面満月状(ムーンフェイス)のほうは、やはりけっこう出てまして、体重がやや増えました。

このまま100キロには、なりたくないなあ、と思ったりしています。

顔面のほうは、どうにもやはり、頬に肉がつきやすくなるようで、確かに丸くなった感じです。

 

精巣腫瘍のほうの、経過観察の診察のほうですが。

前回、肺に丸い白い影があるので、もしかすると、肺に転移して再発している可能性が、半々ぐらいです。

と言われましたので、再発すると、難治性のものになってしまい、生存率もかなり低くなるようなので、かなり恐れておりました。

いろいろと調べましたところ、結節影(けっせつえい)とゆうもので、肺にガンなどが発生している場合、移る場合があるような感じだったようです。

他の原因としましては、骨など、レントゲンに重なって移ってしまい、それが丸いような、腫瘍であるように映ってしまう場合や。

肺炎などの炎症や、炎症が治ったあとの痕跡などが、丸い影のように映ってしまう場合があるようです。

わたしの場合、現在、薬剤性の肺炎のほうも患っており、治療の途中でありますことと、肺炎のほうで病院に行く前に、かなり激しく咳こみ、呼吸がかなりつらいほどに、咳が続き、苦しい状態でしたので、肺に炎症の跡などが写っている、とゆう可能性は高いのではないかな、と思ったりして、自分を慰めつつ、泌尿器科のほうの、本番といっても良い、経過観察の検診へと、行って参りました。

 

結果的には、やはり、どうにも肺炎のほうから来ているものだとゆうことだと思うんですが、前回できていた、結節影のほうは消えており、新しく、小さく二つくらいできている、とゆうことでした。

それは、僕自身、かなりビックリしましたが。

落ち着いて先生のお話を聞くところによりますと、どうやら、現在治療中の薬剤性の肺炎のほうからきている、肺の炎症であるようでした。

精巣腫瘍や、リンパ節の転移のほうからの、転移・再発、とゆうことではないようでありまして、とてつもなく、安心しました。

再発だったら、ここの街を離れて、近くの大都市のほうの大学病院に一人、長く入院し、しかも、抗がん剤に耐性のある腫瘍が増殖したものなので、かなりの難治性のものになる、と、自分で調べたりしておりました。

わたくしが、このブログで書いてあることは、わたくしは、あまり、こと細かく先生に質問したり、訊いたりする性格ではないですので、かなり、自分でネットなどを調べた知識である場合が、多いと思います。

それゆえに、一人、もうダメだ。

と騒いでみたり、いろいろと大騒ぎをするようなこともありましたが、やはり、自分で調べたりすることも、必要だし、大事なことだと思います。

 

とりあえず、大都市の大学病院で、終末医療とゆう形にならずに、助かったのかと思うと、まずは、もう、ここ数年、5・6年くらい前からでしょうかね。

仏壇のようなものを、簡単に作って、手をなるべく毎日合わせるようにしたり、水を毎日取り替えるようにしたり、などするようになったのは。

それまでは、なにか、神頼みのような、神様にすがり付くようなことは、なにか、宗教的なイメージがあったり、自分の力ではないような、いわゆる、他力本願、といったようなイメージがあったりなどもしていたのか、神様に毎日祈ったりなどは、したことがありませんでしたが。

今は、なにか、一日でもご先祖様や、神様のお水を取り替えることを忘れそうになったり、線香を立てることを忘れそうになったりなどしますと、なにか、大変なことになりそうな気持ちがして、必ず、どんなことがあっても、どんな日も、なにか大事な用事があって、家にいないような日でない限りは、必ず、毎日、神様と仏間のお水を取り替え、手を合わせ、礼をし。仏間のほうでも、お水を取り替え、ろうそくを立てて火をつけ、線香をつけ、音を鳴らす金色のものを叩いて(たての角度で、二回叩きます)、手を合わせます。

まず、母に、そして、祖母、母方の祖母、会ったことがないけど、父方と母方の祖父、そして、曽祖父などはまったくわからないので、総じさせて頂き、ご先祖様、と言わせて頂いてます。

そういったご先祖様や、親類の方々に正座で、手を合わせます。

そして、別離したママさんのほうの、なくなった親族にも、子供ら(子・孫)も元気にしております。といったようなご報告をします。

そして、わたくしの悪事(経済力とか)により、結果的に、生まれて来れなかった子などもおりますので、手を合わせて、毎日、ごめん、ごめんなさい。

と謝っています。

これからも、毎日、償って生きていこうと思っております。

 

わたくしは、今まで、そういった、償いの気持ちがなかった。

それは、良くないと思っています。

償いの気持ち、とても大事なことだと思います。

 

今まで生きてきて、してしまったこと、結果的に、悪いほうにいってしまった、出来事、そういったことに対して、償いの気持ちをもって、日々、ごめんなさい。

とゆう、償いの気持ちをもって、生きていかないと、いけないのです。

 

許されたから良い、悪い。

許されないから、だめ、関係ない、もう忘れてる、忘れた。

そのように、逃げることは、自分や周りの人間の運気を下げることになるのです。

いや、やってませんよ。本当に。宗教とかは。

自分で、そうゆうものじゃないのか。

と、考えるようになったんです。

 

子供らも、赤ん坊のように思っていたけれども、いつのまにやら、もう、姉ちゃんなどは、とうとう、インターハイ目指して練習です。

わたしも、なんとか勝ってほしいので、いつも、見ています。

こと細かく、言ったりもしています。

そういった、インターハイとゆう、人生で三年間しかなく、小さな4才から積み重ねてきたことの結果が出るような場面に、わたしも関わることができて、生きさせていただくことができて、本当に、良かったと思います。

 

数十年前までは、精巣腫瘍は、いわゆる難治性のガンであり、ほぼ助からない病気でした。

それが、【シスプラチン】の発見により、治るガン、治せるガン、といわれるようになりましたが、それでも、100%治るわけではなく、転移の範囲が大きい(リンパ節を超えて、肺・脳などへの転移)場合など、ステージが上がるごとに、回復率は下がりますが、直せないガン、ではなくなりました。

 

わたくし、精巣腫瘍になった時は、いわゆる【本厄】でしたが。

実際、かなり大変な本厄、厄年でした。

今は、後厄、と言われる時期です。

 

病院の窓から、外を歩いている人を見る時の、うらやましい気持ち。

忘れられないですね。

 

病院から一歩でも、外に出るためには、先生の許可が必要な世界。

治るかどうかの保障など、どこにもない世界。

トイレに行く時も、ロビーのほうに行くときも、下の階のコンビニに行く時も、どんな時も持って歩いていた、点滴棒。

点滴をぶら下げたりする移動式の棒のことですが、看護師さんが、点滴棒、と言っているのを聞いて、「これは点滴棒と言うのですか?」

とわたしは訊いたことがありました。

すると、看護師さんは、「正式な名前はわかんないけど、みんな、点滴棒って言ってるよ」と言いました。

なるほど。

とわたしは思いました。

 

 

現在は、シスプラチンの副作用である、【末梢神経障害】のほうがけっこう出ており、足のとくに指が、24時間シビれていて、いやですね。

靴を履いて、歩いているときが、一番きついです。

靴が閉められるからでしょうかね。

足がものすごく、ビリビリとシビれます。

小指などは、自分で触っても、ほとんど、わからないくらい感覚がないです。

もし、また再発とゆうことになり、シスプラチン、とゆうことになりましたら。

おそらく、末梢神経障害がわたしは、足のほうに強く出るようなので、歩いたりすることも困難になるのでは、と思っています。

今は、なんとか自分の意思で、足を動かすことができますが、三日に一度くらいは、家の階段でつまづいています。

外出時にも、退院してから、もう3・4度ほど、つまづいたり、激しく転んだりしましたので、またシスプラチン、とゆうことになった場合、ただでさえもう、感覚がない小指以外の指も感覚がなくなり、24時間常にあるシビれも、強くなると思うと、きついです。

 

とりあえず、肺障害のほうは、プレドニンを3粒のところまで、減らせて頂くことができまして、順調のようです。

ただ、プレドニンは、ステロイド剤で、ホルモン治療とゆうことなので、いつまでも大量の量を使うことができないので、もしかすると、一時少なくなるけれど、また量が増える可能性もあります、とゆうことでした。

 

精巣腫瘍のほうは、なんとか、順調のようでした。

なんとか、厄年も抜けましたので、このまま、とゆう気持ちです。

まだ、後厄ですが、後厄も、あと半年ちょっとです。

なんとか、もう、神頼みですね。

他力本願ですが、そんなこと、言ってられないです。

 

自分でも、相変わらず以前、ブログに書いたように、人工甘味料である【アセスルファムK・スクラロース】などや、魚卵などに使われている、人工着色料【亜硝酸Na】や、相変わらず、【電子レンジ】のお話をネットで読んで以来、あまりにも恐ろしくなり、使ってません。

電子レンジは、たぶん、やはり、もう使わないんではないでしょうか。

みなさんは、気になさらずに、使ってください。

確たる証拠や、実績のある、そんな事柄ではないですので、あまり、電子レンジのような現代の優秀なる利器を使わないような、そんなことは、しないほうがいいと思います。

わたしの子供らにも、電子レンジは、ネットでは、このようなことも、書かれているよ。でも、使っていいよ。僕も、子供のころから使ってきたけれど、とくに、なんともなかったよ。と言って、自由に使っていいことにしています。

 

野菜ジュースは、天然の野菜と、天然の生きのいい果物を、ジューサーで作って、毎日飲むと、ものすごくガンを抑制したり、ガンを回復させたりする場合もある、とゆうことなのですが、それをそのままやりますと、ものすごくお金がかかりますので、野菜ジュースを買って、飲んでいます。

たぶん、天然のものをミキサーで混ぜて作るものとは、やはり違うものなので、効果はわかりませんが、とりあえず、ありがたく、飲んでいます。

今も、【ITOEN】の【熟トマト】を飲みながら、書いています。

野菜ジュースのほうは【野菜生活】とゆうのを、毎日飲んでいます。

非常に、おいしいですね。

もう、おいしいから飲んでいます、と言ってもいいくらいです。

野菜生活を飲んでからとゆうもの、基本的に、なんだかやけに【快便】ですね。

以前、退院したばかりで、野菜ジュースが、ガンに効くとゆう話を、よく本で読んでいたころは、野菜生活や充実野菜を、一日に2リットルくらい飲んでいましたので、【便(体からの便りだから(便と言います))】が、あまりにもモリモリで、積み重なった便が、自分の尻の穴に、着いてしまうんではないか、とゆうくらいに、便がモリモリ出ましたね。

最近は、一日に一本まで、と決めてますので、そんなには、出なくなりました。

どうにも、どの本にも共通して書かれていることですが、人間のガンや病気などを抑えたり、回復させるようないわゆる【免疫力】を作っているのは、ほとんど(8~9割)が、大腸で作られている、とゆうことで、ガンや、病気にならないためには、大腸が良い状態でないといけない、とゆうことが、どんな本にも必ず書かれています。

なので、【便】を出すことは、大変に大切なことです。

便をためていると、便とゆうものは、いわゆる排泄物であり、老廃物であり、雑菌の固まりなので、大腸は全身へと巡る血液を造っているところなので、そうゆう、血液を造っている工場のようなところに、悪くなった便が、いつまでも、さらに腐敗を続けて、どんどん腐っていく、とゆうのは、よくよく考えてみると、体に良いわけがないのです。

古い、雑菌や老廃物の固まりである、便をどんどん出して、キレイな血液を大腸に造ってもらえるように、どんどん便を出すと良いと思います。

いちおう、わたしがいつも飲んでいる、野菜生活を載せてみようと思います。

箱で送られてきますので、破くのが、いささかめんどうではあります。

野菜生活は、720mlなので、ややスマートな容器に入っています。やや少ない分、一箱に15本入っています。朝に半分、夜に半分飲むようにしています。

 

 こちらの充実野菜は、量が少し多いので、一日一本だと、野菜生活より少し、一日に飲む量が多くなると思います。

味はこちらのほうが、少し甘いように感じます。

やや繊維質なものが入っているように感じるので、体にいい感じはします。

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス 930ml×12本

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス 930ml×12本

 

ほんの少し、野菜生活よりも、甘みがあるからなのか、100mlあたりのカロリーがほんのちょっと、多かったと思いますが、気にするほどではないです。

 

ただ、こうゆうものを買って飲むよりも、生野菜 ・生果物をミキサーで作って毎日飲むのが、なによりも、体には良いようです。

わたしには、野菜や果物がかなりのお値段である昨今、そもそもそれは、無理ですので、ありがたく、こういったものを飲ませていただいております。

 

わたしのブログを、なにかのご縁で、読んでくださった方は、なんとか、

・大腸がキレイな血液を造っている。

・大腸が体を、病気やガンから身を守るための免疫力を作っている。

とゆうことだけでも、早い段階で、知っておいていただき、長生きしていただけたら、嬉しいなあ、と思います。

 

あと、体の奥の深部温度が、一度上がると、免疫力は【5倍】になり。

体の奥の深部温度が、一度下がると、免疫力は【30分の1】に下がる。

とゆうことも、覚えておいてくださると、わたしも勉強した甲斐がありますし、嬉しいです。

なるべく体を冷やさない、シャワーではなく、できれば温かいお湯に入る。

ポイントは【免疫力】です。

免疫力が下がらないように、気をつけましょう。

 

あと、タバコとお酒の組み合わせは、タバコのみと比べても、数十倍のガンの発生確率になるそうなので、なんとか、お止めになられると、良いと思います。

 

精巣腫瘍になってしまってから、本当にそうゆうことに、詳しくなってしまいました。

そうゆうことにならないと、人間とゆうものは、学ばないものですね。

大変な目にあうまで、人間とゆうものは、わからないものです、わたくしが、おろかなだけかもしれませんが。

 

では、しばらくぶりの更新となりましたが、結果報告なども含めて、このあたりで、失礼いたします。でわでわ。

とうとう・・・ガンになってしまいました【64回目】現状と、歌(明日がある・アンパンマン)とかを見て泣いたり。

こんにちは、こんばんは(`・ω・´)ノ

みなさん、お元気でお過ごしでしょうか。

 

わたしのほうは、相変わらず【薬剤性肺障害】の治療薬である、プレドニンを一日に【5mg×4個】を服用しています。

体内酸素濃度を測るオキシメーターのほうは、とりあえず大丈夫ではないかと思われる範囲内で、【96~98】くらいをウロウロしています。

たまに90とかになる時があるんですが、指を変えたりして、計り直すと大丈夫なので、たぶん、問題ないんじゃないのかな、と思うことにしています。

 

やはり、心配なのは、前回の泌尿器科の検査にて【肺のCT画像】に写った、【白い丸い影】ですね。

たしか画像上では2センチほどでしたが、泌尿器科の先生も、呼吸器科の先生も、【精巣腫瘍の転移】による【ガン(腫瘍)】が写っている、とゆう可能性が【半々(50対50くらい?)】とゆう、恐ろしい診断ですので、非常に日々、次の泌尿器科のCT画像で、ガンであるのかどうか、わかるそうなので、心配で心配で、どうにもなりません。

 

もう、ガンであった時のために、もう入院やら、手術やら、化学療法やら、本当にもういやなので、やはり【自害】する方法も、視野に入れておりました。

しかし、やはり、そこは、子供らもまだ成人するまでかなり時間がありますので、本当によく考えたほうが良いところです。

【自害】による恐怖は、子供らの心配もありますが、自分が【自縛霊】になってしまうこともあります。

やはり、自害とゆうと、自縛霊、からは逃れられないのかな、とゆう心配がつきまといます。

普通に成仏させてもらえるなら、【自害】することに対しては、たぶん、子供らも、いつかは私の【自害】も乗り越えて、元気になる日が来ると思いますが。

自縛霊になって、いつまでも苦しむのだけは、勘弁だな・・・・

と思います。

わたくし、基本的に宗教には入ってませんが、死後の世界については、子供のころから非常に興味があり、色々と調べてきましたので、やはり、自害とゆう方法の場合、自縛霊になる可能性が、どうしても高いように思えまして、怖いですね。

 

子供らにも、自縛霊とゆうことは、いわゆる悪霊なわけですので、迷惑をかけることにもなりかねないですし。

父親が自害した、とゆうことが、子供らの学校に広がる可能性も考えられます。

そうなると、いじめ、孤立。

あまり、良いことはありません。

毎日のように学校で友達や、まったく関係のないものから訊かれる

「おめーの父ちゃん、自害したってマジ??」

みたいな質問を、毎日されることを想像すると、やはり気の毒です。

 

当初は、近くの都市のビルのほうに登り、投身なども考えましたが、やはり、ニュース性が高いように思いました。

ニュースになってしまっては、子供らの学校関係者などにも非常に目立つことになります。

なので、ビルからの投身は、やめたほうがいいように思いました。

昔から、ビルから、ゴミ袋をかぶって、ゴミステーションに飛び降りたら、そのまま、ゴミとして処分されたら、誰にも迷惑にならずに、いいなあ、と思ったこともありましたが。

たぶん、発見されるでしょう。

自分の親が・・・ゴミ袋をかぶって、投身は、子供らからすると、きつすぎかもしれません。

これは、やめようと思います。

 

ただ、やはり、

精神的にきつい日や、元気のない日などは「やはり・・・再発してたら、自害しよう・・・」と思う日もあれば。

わりと、普通の日などは「やはり、再発してたら、なんとか頑張って、大学病院で一人、がんばってみよう・・・・」

とゆう日にわかれます。

 

実際に再発していた場合、自分がどっちを選択するのかは、まったくわかりませんが。

最近、ちょっと、考えが変わってきました。

自害しちゃうと。

子供らに会えないなあ・・・・。

とゆうことを、よく考えるようになりました。

 

再発した場合、「科学療法に対抗性のある残存腫瘍(ガン細胞)」とゆうことになり、以前の【BEP療法】は使えなくなるようです。

残存している腫瘍細胞は、BEP治療に対して、向性があるので、BEPは有効ではないとゆうことです。

なので、【TIP療法】【VIP療法】とゆう治療方法や、【超大量化学療法】など、当初のBEP以外の治療方法での治療、とゆうことになるようです。

ステージとしては、肺への転移で、2センチは超えていたように思えるので、ステージ3-bとゆうことになるんではないでしょうか。

現在のところ、BEP療法で回復して、その後【再発】した場合には【BEP】に対抗性のある残存腫瘍が増殖したものであるので、確たる治療方法は、ない。とのことです。

ただ、TIP療法などは、回復の見込みがあるようですので、大学病院では、そのようなことを行うのではないでしょうか。

たぶん、3クールではすまないと思われます。

そして、精巣腫瘍は治るガン、と言われていますが、BEPや、後腹膜リンパ節の郭清術などを行ったあとに、再発した場合は、回復率は、難しくなってくるようです。

 

ただやはり、あまりにも、BEP3クール頑張って、回復してからまだ二ヶ月くらいで、もう、肺に再発して、2センチって・・・ひどすぎないか?

と思いますし、どうやら、前回の検査でも、いわゆる【腫瘍マーカー】のほうは上がってない、とのことですので、まだガンの再発、と決まったわけではないので、とにかく、次回の泌尿器科の検査を、ひたすら、日々の恐怖と戦いながら、待つしかない状態です。

 

ところで、タイトルにもありますが、歌や、動画を見ていたんですが。

まあ、ちょっと、プレドニンのせいなのか、けっこう、太ったので、運動のようなことを、ユーチューブをつけながら、やっていたんですが。

子供のボンのほうが、

「これが、良かったから聴きたい」と言ってきましたので、聴きながらやってました。

これです。


坂本 九明日があるさ

 

なんとなく、「相変わらずレトロなものが、好きなんだなぁ」くらいに思っていたんですが、トレをなんとなくやりながら、くりかえされる「明日がある、明日があるさ~」のところを何度も聴いていると、わたくしが、最近やはり、子供らにも、どうしても「再発してたら、練炭で、失礼するわ・・・」とか言っているせいで、これを聴いて、頑張ってほしかったのかな・・・と思い、なんだか、切なくなり、少し、泣きましたね。「明日がある、明日がある、明日があるさ~」か・・・。

ついでに、おすすめのところにあった、こっちも聴きました。


Re:Japan 明日があるさ (PV)

最初「浜田・・・あんまり好きじゃないんだよな・・・」と思ったりしましたが、聴いていると、なんだか、序所に、また大勢で「明日がある、明日がある、明日があるさ~」と歌っているので、また、泣きましたね。

 

そして、岡本真夜のTOMORROWなんかを聴いたりもした後・・・

 

これですね。

これを、聴いてしまいましたね。


それいけ!アンパンマン主題歌 - アンパンマンのマーチ

最初の歌詞の「そうだ~嬉しいんだ~生きる喜び~」のところで、もう、子供らがもうとっくに寝ていることをいいことに、鼻水と涙をデロデロと垂れ流しながら、泣きましたね。

「例え胸の傷が痛んでも」とゆうのは、心の痛みのことですかね。

「そうだよな・・・生きるって嬉しいことなんだよな・・・」と思いました。

「♪そうだ嬉しいんだ~生きる喜び~」

「みんなの夢守るため」・・・か・・・。そうだよな、子供らに絶望させるために、生きてきたわけじゃないもんな、と思いました。

「いけ、みんなの夢、守るため」も効きましたね。

「たとえ、どんな敵が、相手でも」のところが、もう、泣きすぎて死ぬかと思いましたね。

ほかにも、なんだかアレンジの効いたものもありますが、こらちの、服部さんの歌は、なぜかやたらと心に響きました。


アンパンマンのマーチ (高音質) 服部恭子

最初のほう、ちょっと、音質がモヤッとしているのかな、と思いましたが、そうでもなかったです。

 

元気なお若い方は、アレンジの効いた元気なものも公開されてますので、そうゆうのも聴いてみると、楽しいかなと思います。

 

やはり、こういった、歌の力とゆうものは、すごいものが、ありますね。

アンバンマンの作者のやなせ氏が、戦争で亡くなられた弟のことを歌詞にしている、とゆうようなお話も、ネットなどでは見たりもしますが。

そうゆうような、弟さんのことなども、含まれているのかもしれませんが、わたし個人としては、やなせ先生は、現代の、アンパンマンを見てくれている【親子】を対象として作詞されたのではないかな、と思いました。

歌の中の、アンパンマンは、子にとっての【親】であり【父であり、母である】のではないかな、と思いました。

アンパンマンが、子供たちの夢を裏切ったら、ダメだよな・・・と思いました。

 

とりあえず・・・今、思っていることとしては。

自害しちゃうと・・・もう・・・子供らに会えないんだよな。

とゆうことです。

わたしは、母がなくなったあと、母とは、父親との仲があまりよくないこともあり、あまり会えなかったのですが、母とは、仲がよかったので、一日でも長く、生きていてほしかった、と思いました。

そして、一日でもいいから、まだ元気なうちに、こっちのわたしの住んでいる家のほうに、泊まりにでもきて、夜通しでも、話しとか、したかったなぁ・・・と思いましたので、子供らも、わたしが自害したら、たぶん、同じように思うと思います。

わたしの子供らに対する教育方針とゆうか、子供らとの付き合い方、とゆうほうが合っていると思いますが、基本的には全て【母】が私と接してきたように、接しています。

【母】なら、こう答えるだろう。【母】なら、こうするだろう。

とゆうようなことに基づいていることが、多いと思います。

もちろん、いちいち【母なら】とゆうようには考えていませんが。

わたしの行動パターンや考え方が、母からかなり影響を受けていて、わたしが母と仲良く話しをしたり、相談したり、そうゆうことが、楽しかったので、子供らも、父子家庭ではあるものの、わたしが母と接していたように、楽しくしてくれたらいいなあ、とゆう考えで、怒ったり、話したり、笑ったり、いろいろ、やっています。

なので、わたしが自害すると、子供らは、わたしと同じように思うと思います。

 

なので、もし、ガンが再発していたら、ここの街からは離れることになり、子供らにもなかなか会えなくなりますが、やはり、どんなにやつれたり、歩けなくなったり、起き上がれなくなったりしても、子供らが来てくれたら、話しもできるし、会えるわけなので、最後まで、頑張ってみようかな、と思ってはいます。

 

では、今回、このあたりで、失礼いたします<(_ _)>でわでわ