とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンになってしまいました【38回目】精巣腫瘍「一時帰宅中の料理・貧血から来る立ちくらみの恐怖」などなど

こんにちは、こんばんは(^^)

 

わたくしの、精巣腫瘍のほうの治療も、ようやく第3クール最後の【ブレオ】を迎える形となりましたけれども、はたして、いったい、どうなるのか。

 

先日は、思いのほか【一時帰宅】などはもう、いつもなら白血球などが下がり、ムリなので、あきらめていましたが、どうやら採血の結果、わりと大丈夫とのこと。

次の日の朝にまたすぐに、採血がありますので、朝の7時30までとゆうことで、外泊をさせていただきました。

どうにも、やはりそこそこには白血球・血小板などのいろいろな血液が減っているようで、立ちくらみが尋常ではなく、またお湯に行ってこようかなぁ・・・と

思ったりもしましたが、なにか危険を感じ、やめました(^_^;)

 

昼くらいから、先に自宅に戻り、子供らを待ちつつ、ウツラウツラしていますと、気づくともう6時すぎでした。

なかなか子供らが学校から戻らないので、これはもう完全に【病院に行ったな・・・】

と思いました。

その後、30分ほどすると子供らが帰宅。

やはり、病院に行っていたとのことで、いささかびっくりでした。

まさか、すれ違うとは思いませんでした。

 

とりあえず、その後すぐにスーパーに子供らに買い物にいってもらい、晩御飯などの用意を始めました。

どうしても、たんぱく質が採りたく、肉が食べたかったので、鳥もも肉を買ってきてもらいました。なんだか、あまりにも力が入らないので、そうなるとたんぱく質がほしくなってきました。

しばらくぶりに、得意の【特製鳥もも肉スペシャル】を作りました。

実際には【きのこだくさん特製鳥もも肉スペシャル】です。

フライパンからあふれるほどの、きのこをぶち込みます。

ぶち込んだきのこは。

【しいたけ・ひらたけ・えのき・しめじ】の四つをどんどん入れたところで、すでにあふれるほどになります。

さらに【ほうれんそう・にら】も山ほどぶち込みまして、フライパンの四倍ほどにもふくらみました。

それらをまとめて蒸らすことによって、すべてのグザイの味が凝縮されるわけです。

それがわたしは、大好きでして、よく作っていたんですが、今回作るのは非常にしばらくぶりでした。

味付けは、基本的に【めんつゆ】と【ウスターソース】に【いろいろなメーカーのソース】を使っています。

①まず、鶏肉を切ったあと、めんつゆをかけます。

※わたしの鶏肉の切り方は、【はさみ】でバッツリ切ります。

デカイ鶏肉を、バッツリと半分くらいにします。

以前は、ハサミも使わずに、一個300~400gくらいのを作っていました。

②よく鶏肉にフライパンで熱を入れます。

しっかり熱が入ったら。

③ひっくり返します。

④鶏肉のうえから、ウスターソースを中心にかけていきます。

⑤きのこ類を、はさみでバツバツ切って、乗せていきます。

⑥好きなソースをパーっとかけます。

少し煮込みます。

⑦少し煮たら、残っている野菜【ほうれんそう・にら】を乗せます。

これは、どちらか一つにしたほうが、量的にはちょうどいいと思います。

⑧好きなソースをかけます。

フタをのせて、しばらく火を入れます。

フタは、乗せるかたちになります。

かなりこんもりと、盛り上がるからです。

しばらく煮ていると、フタがしまっていると思います。

そのころにはグツグツと、いい感じになっていますので、完成です。

まず、上部分に乗っているほうれん草・ニラ類を肉を入れる皿にとりわけ、きのこ類もサッと取り分けていきます。

上のグザイが減ってくると、ようやく肉が見えてきますので、その肉を皿に盛っていきます。

それが【きのこだくさん特製鶏もも肉スペシャル】です。

ずいぶん、しばらくぶり。

数ヶ月ぶりの、鶏もも肉スペシャルでした。

やや胃にくるものの、完食。

しっかり大量のたんぱく質を摂りました。

 

プロテインも持っているんですが、先生との約束を守り、とゆうのと、やはり、腎臓の負担が怖く、自然のものではないものから、たんぱく質を大量に摂る、とゆうのがなんだか怖い感じがする、とゆうのもあり、プロテインはもうずいぶん飲んでいません。

お高い【ウィダー】や【ザバス】なんかだと、信頼もあって安心な感じもしますが、わたしのは1KG2000円クラスの、ネットでお買い上げしているお安いもの、とゆうこともありまして、あまり安心感は少ないですかね(^_^;)

 

その夜、朝も早いですので、早めに寝ようとするも、昼間うつらうつらしすぎたこともあり、なかなか寝付けません。

トイレに行こうと、起き上がって、居間からトイレへと向かうところのドアの前で、激しい立ちくらみ。

そのまま何もすることができなくなり、意識が回復するのを待ちながら、立っていると、そのまま意識を失い、スコーンと地面へと落下。

地面へ落下したあと、意識がなく、そのままグチャッとした姿勢のまま、しばらくいました。

ようやく物が考えられるようになった時、手が最後まで壁で頑張ってくれていたのか、左手の小指側の皮膚が、ズルリ、とむけておりました。

頭も打ったようでしたが、寒かったので、寝室で治療用の帽子のようなものをかぶっていましたので、頭は大丈夫でした。

少し、首などは痛かったです。

立ちくらみも、少しガマンしていれば、なんとかなっていましたが。

このように、どうにもならない場合もありますので、気をつけたほうがいいですね。

 

温泉には、行かずにいてよかったのかな、と思っています。

ヘタに救急車などに乗った日には、もう二度と外泊の許可が出ないのではないか。

とゆう恐怖心がどうしてもあります。

 

今日は、朝の採血に少し遅れましたが、病院に戻りました。

白血球・血小板などがやはり下がっているので、グラン注射を打ちました。

 

今日は土曜なので、朝から子供らと、病院にきてまったりとしています。

 

では、このあたりで失礼いたします(o´∀`o)ノ゙でわでわ