とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンになってしまいました【50回目】精巣腫瘍の重篤な副作用「薬剤性肺障害・肺繊維症」②ぼんちゃんさんガンバですっ!

こんにちは、こんばんは(`・ω・´)ノ


闘病記ランキング

どうにも、あんまり、治療の効果が出てないような、今日このごろであります。

 

体重にあわせて、一回につき【ステロイド】のほうを点滴で【80ml】投与されている、とのことなんですが、なかなかなんだか、日中の咳(せき)や、胸の苦しさなどが、あまり変化してないような、大丈夫なんだろうか・・・。

本日の先生の回診では、「少しずつ、肺のレントゲンのほうも良くなってきてるよ」。

とゆうようなことを言ってくださり、「おおっ!」

などと、喜んだりもしましたけれども、どうにも、咳や苦しさなどは、あまり変化を感じない感じです。

ただ、家にいたころに、いつもあった【37.5度】前後の微熱がなくなったようで、それについては、なんでなのかわかりませんが、大変に楽になりました。

微熱が消えたことによって、毎日の夕方以降の、強烈な体のダルさや、けっこうな強さの【寒気】が改善したことは、かなり嬉しいですね(v・ω・)v

 

これまでの、BEP3クールを完了して、振り返ってみますと。

今現在では、こんな感じです。

 

まだ、髪の毛は生えてきませんが、うっすらと虫メガネレベルの【うぶ毛】が生えてきています。

腕や手は全ての毛が、スネ・太ももの毛は外側がほとんどなくなり、女性っぽくなりましたね。ちょっとナデてみたりしましてね・・・・女の足って・・・こんな感じやったかのう・・・・などと、若い頃をなんとなく、思い出したりなどする、ブキミさ。

まあ、まだ40くらいですけれどもね、40すぎてからの男の結婚率って2%くらいだそうですからねぇ・・・。まあ・・・むりでしょうなぁ・・・ふふ・・・・。

 

だいぶ、食べ物の味はするようになりましたが、相変わらず、病院食は、近づいてきただけで・・・むりですね。

子の弟のほうの、ボンが早くきてくれてたら、夕食を食べてもらっています。

まあ、正直に「あれ?全部食べたんですか?」と問われることがありますが

「いえ、子供らに食べてもらいました」と答えております。

 

最近は、甘いものや、牛乳が飲めるし、おいしいので、【コーンフレーク】【フルーツグラノーラ】なんかを、夕食の前などに食べるものですので、5時30分くらいの【血糖値】を指に針を刺して計るやつで、200以上の数値になりますと、【インシュリン】の注射をされるんですが、コーンフレークだとすぐに230くらいになってしまいます、今回【フルーツグラノーラ】にしてみたところ。なんと160に!!

インシュリン注射はクリアしました!

 

先生のお話だと、二日に一回くらいの感覚で、肺のレントゲン撮影をして、だんだんと【ステロイド】の量を減らしていきます。とのことですが、わたくしとしましては、なんだか、あまり回復している実感がないんですけれども、大丈夫なんでしょうかね。

 

ところで、コメントなどで毎回やりとりなどを親しくさせていただいている、○○県のぼんちゃんさんからの、コメントなんですが、ちょっと、だいぶ心が追い込まれてられるようでしたで、ちょっと、考えてみようと思い、再度また、掲載してみようと思いました。

 

         ・【ぼんちゃんさんからコメント】・

 

今日はせもっちさんの気持ちがわかった感じがします。
今日は、3クール目の開始をできるかどうか最終決定日の為、病院に診察に行きました。結果は治療はできると言うことで来週から抗がん剤投与が開始されます。
でも、診察の最後に主治医からこんな事も言わた。
この間の腫瘍マーカーの状態がまた、上がってきているとの事。
私は以前に主治医から腫瘍マーカーが落ちついたと聞いていたのでまた、転位か?と思いました。
この後、会計の待ち時間、もう、しんどい思いをして抗がん剤治療を辞めようかなと思っています。(妻や母親は治療を望んでいますが)
結局、私のはこれまでの人生だったのでしょう。
以前に治療をすれば『必ず治る』と言うのは医者の治療をしてもらう為の口実だったのではなかろうかと疑いがあります。
そら、標準治療は無理をすれば出来たかもしれません。でも、患者本人しか副作用のしんど差がわかってもらえないし、私自身も少しでも、前向きに治療する為にも告白したほうが良いと思ったから。

今でも、腹立たしい。外科手術の辛さや抗がん剤治療の副作用の辛さの時間を返して欲しい。せもっちさんと違うのは、自分で納得をして抗がん剤治療や高位精巣摘出手術をしていないいやいや、親や妻がどうしても治療して欲しいと千度言うからしぶしぶOK しているだけ。

とりあえず、開始まで日数があるので、少し悩んで見ます。

 

とゆうことでありますが・・・大丈夫なんでしょうか・・・わたしも、先日、絶望のあまり【練炭】の購入の直前までいきましたけれども・・・。

 

ぼんちゃんさんは、3クール目をいよいよ開始する覚悟ができ、病院まで行かれたのだと思われますが、なぜか、そこで・・・【腫瘍マーカー】が上がっていた・・・

とゆうことが非常にショックだったのだと思われます。

おそらく、現在は、【後腹膜リンパ節】の転移の状態なんだと思われますが、精巣腫瘍は進行が早いので、いつのまにかあっとゆうまに【肺】などに転移している場合も多いので、そのようなことも、想像されたのかな、と思います。

 

しかし、わたくし、ちょっとここで少しひらめいたのですが、精巣腫瘍の進行の早さからして、もしかすると、けっこうな長期2・3週間とか【BEP治療】に間が空いてしまったのでは・・・とも思ったのですが、その場合、BEPはなるべく1クール(三週間)で、すぐに次のクールを始めるのが理想で、クール間が長くなりすぎると、進行してしまう場合がある、とゆうのをなにか医療系のPDFなどで読んだように思いますので、ちょっと、お休みが長くなっちゃったのでは・・・・とわたくし、あくまで、わたくし個人の意見ですが、そのように思います。

そんなに、最初の頃くらいに【腫瘍マーカー】が上がっているわけでは、ないんじゃないかな、と思います。

なんとか、がんばってほしいと思います。

奥さんも、そんなにも弱気になられてしまっては、不安でどうにもならないのでは、と思います。奥さんや、育ててくれた母のためにも、がんばってほしいと思います。

 

なんとか、がんばってください!

でわ(´・ω・`)ノ