とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンになってしまいました【51回目】精巣腫瘍の重篤な副作用「薬剤性肺障害・肺繊維症」③順調のようです

こんにちは、こんばんは(´∇`)ノ

 

なにやら、血液の状態や、レントゲンなども調子いいみたいで、ちょっと、だいぶ、生きて帰れる希望を感じてしまっている、わたくしです。

 

一時期は、ブレオの副作用での【肺繊維症】を狂ったように調べまくり、圧倒的多数を占める【突発性】の言葉!

突発性肺繊維症

突発性間質性肺炎

圧倒的「肺繊維症と、間質性肺炎はほぼ同義語のように使われます」とよく書かれている説明文!

5年生存率50%

急性増悪】突発的に起きる呼吸困難!突発性肺繊維症・間質性肺炎死因の40%を占める!!

普通の肺炎と違い、肺炎は肺の中に炎症を起こすが。

間質性肺炎・肺繊維症は肺のなかのぶどう上の0.2ミリほどの大きさの丸い粒上の集まりで【間質】と呼ばれる。

その間質が【繊維化】していき、ヘチマたわし状になるのが、

肺繊維症!間質性肺炎

一度繊維化した間質は、二度と戻らない!

 

ヘビースモーカーなどの、重度の喫煙者に多いと言われる。

突発性!肺繊維症!間質性肺炎!!

 

死因の12%が肺ガンになり、苦しんで苦しんで、呼吸がだんだんできなくなり、お亡くなりになるとゆう、高確率の肺がん率!!

繊維化が進むごとに、咳が増え、正常の呼吸のできる生きている間質がどんどん繊維化し、死んでいき、どんどん呼吸困難になり!

最後は自発呼吸ができなくなり、

窒息死に至る・・・・!!!

突発性!肺繊維症!!間質性肺炎!!!

 

わたくし・・・かなり昔から・・・窒息死だけは・・・いやでした。

水の中などで、呼吸ができなくて、苦しくて、苦しくて・・・・とゆうのだけは、どうしてもいやでした。

それが、肺繊維症を調べれば調べるほどに・・・・

呼吸困難の窒息死しか、待ってないとゆう・・・・・・

 

そりゃあ・・・今すぐではないかもしれませんが・・・・

それでも、急性の場合には、発祥から数週間で【急性増悪】が発生し・・・

呼吸ができなくなり、吸っても吸っても、酸素が体にはまったく入らず・・・

苦しんで・・・・苦しんで・・・・

地獄のなかで・・・・つばを垂れ流し・・・・・鼻水も垂れ流し・・・・・

あばれ・・・・・もがき・・・・・・

最後を迎えるとゆう・・・・壮絶・・・・・・・・

とても、耐えられるものでは・・・・ないと思う。

 

そして・・・わたしは・・・・

ネットにたよった・・・・

「もう・・・・ムリだ・・・・窒息死・・・・苦しんで・・・苦しんで・・・・もがき苦しんで・・・つばも、鼻水も垂れ流して・・・白目をむいて・・・・舌を突き出し・・・とてつもない最後を向かえる・・・・そうゆうのは・・むり・・・」

 

高校生くらいのころから、自分は、ずいぶん長いこと、死ぬときは、自分で腹を切って

割腹で、切腹で行く。とずっと思っていましたが・・・・

今となれば・・・そんな勇気もまったくなく・・・。

あのころの気概は・・・どうしてしまったのか。

 

そして、調べた・・・

「自殺 楽な死に方」

そして、よさそうな

練炭自殺】

これしかない・・・・・

子供ら・・・すまん・・・・

苦しんで死ぬのは・・・俺にはムリなんだ・・・すまねぇ・・・すまねぇ・・・

そして、練炭の購入ボタンを・・・・・

とりあえず・・・・その日は押さず・・・・

 

さらに次の日に調べてみると、良い医療系【PDF】ファイルが何種類か出現。

【原因がわかっている場合は、治療法が確立されている】

ブレオマイシンなどの薬剤が原因のものは、【薬剤性】肺繊維症・間質性肺炎、とゆう分類となり、ステロイド療法・ステロイドパルス療法などで、かなりの確立で回復が期待できる。

 

「おおおおぉぉぉぉぉーーーーっっっっ!!!!!!!」

これはっ!!自殺しなくて・・・・いいんじゃないかっっ!!!!

 

これはもう・・・・練炭を・・・買わなくていいのかも・・・・

助かるのかも・・・・

苦しんで・・・・呼吸が日に日にできなくなって・・・・最後は白目をむいて・・・舌を突き出して・・・つばも鼻水も垂れ流して・・・・絶命しなくて・・・いいのかも。

 

行こうっ!病院っ!!

 

そして、電話をすると、次の日に来てください。とのこと。

 

次の日いきますと、やはり予想通り

【薬剤性[肺障害]】

ん??肺・・・障害・・・?

わたくし「肺繊維症ではないのですか?」

先生「まだ、そこまではいってないね」とのこと。

先生「このパターンは治るタイプだと思います」とのこと。

 

( ゚皿゚)キーーーーーーーターーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!

 

ブレオのやろうっっ!!!

ブレオのやろうっっっっ!!!

ブレオのやろうっっっっっ!!!!

練炭・・・買う直前まで・・・・いったんだぞ・・・ちくしょうっっっ!

ぶっ殺される・・・・ところだっだじゃねーか・・・・(誰に?練炭に?)

 

そして・・・

    【現在の治療の経過】

現在は、なんだか、呼吸が楽になった感じがします。

細菌性などのものではなく、先日の肺の細胞を取る検査の結果、やはりブレオが原因の薬剤性であることが、確定しました。

今まで飲んでいた【抗菌剤(経口)】は今日で終わりです。

細菌性のものではない、とゆうことが確定したからでした。

 

点滴で投与しているステロイド剤は今まで【80ml】だったのが、今日から【60ml】となりました。

最終的に【30ml】となると、あとは、自宅で治療、とゆうことになるようです。

たぶん、ステロイド剤には(経口)のものもあるようなので、そうゆう形のなるのだと思われます。

だいぶ、症状としては、息を思いっきり吸っても、肺のむずがゆい感じが減り、ガマンすれば息を思い切り吸っても、セキをガマンできるくらいになりました。

普段の咳は、まだ動き回ったるすると、けっこう出ます。

 

とりあえず、良いほうに向かっていると思いますので、

練炭よ!さようならだ!!!

といったところでしょうか。

また、すぐに、気づいたら、練炭をポチりそうになっているような気もしますが・・・

わたしの人生・・・ぬか喜びの・・・それこそもう・・・連続でしたのでね・・・

ぬか喜び・・・・ぬか喜び・・・・ぬか喜び・・・・

そればっかしだよ・・・ははは・・・

 

ちょっと喜んでみたら、すぐに絶望。喜んでは、絶望。

そーんな人生だったなぁ・・・ははは・・・

 

これから、どーなるんやろうなぁ・・・

 

では、とりあえず、このたび、いつもとは違う感じでしたが、

このあたりで、失礼いたしますかな(;。・`ω・。)ゝでわでわ