とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンになってしまいました【53回目】[抗がん剤]の副作用「薬剤性肺障害」⑤入院中の娯楽や気分転換など

こんにちは、こんばんは(`・ω・´)ノ

 

今日も、わりと体調は良い感じです。

天気がいいので、窓を開けておりましたが、大丈夫だろうかな、とゆうところです。

北海道は病院内がかなり温かくなってますので、外が晴れて太陽が強く出たりすると、室内はかなり暑くなります。

もちろん、Tシャツで外になど出たら大変です。

ギリギリプラスの気温だったようです。

こうゆう日は、外で雪かきなどをしていると、暑くなるので、汗がかなり出てきて、風などもない場合は[Tシャツ]で大丈夫です。案外、ちょっと気温がマイナスくらいでも、汗が出るくらいに温まっていれば、ちっとも寒くないものです。

ただ、雪かきをやめて、ダラダラ話しこんだりしていますと、やはり、いくら太陽が出ていても、マイナスですので、風邪をひいてしまったりします。

 

              ・今日の治療・

【ボナロン状35mg】とゆうのを飲みました。

これからも、ステロイド治療を行っていくうえで、[骨粗しょう症]などの予防のために飲むものだそうで、週に一度だけ飲むようです。

朝起きてすぐに飲むもので、飲んだあとは[30分ほど]は横になってはダメなようです。

飲むものも、水道水か高度300以下のミネラルウォーターに限られるようです。

今日は、ボナロン状を飲んだあと、ちょっとウロウロとデイルームにいき、誰もいなかったのでストレッチの続きを行っていると、先日、真向かいに入られたおっちゃんが話しかけてきましたので、お話しました。

どうやら、ひざの半月版を損傷され、手術されたとのこと。

だいたいのことは、向かいなので、聞こえておりましたが、なにやら、バドミントンをプレイ中に故障されたとのこと。

なかなか、エネルギーの固まりのような方でしたので、その日も、だいぶハードに練習されていたのでしょう。

しかし、どうにも若々しく見えましたが、年齢を伺いますと60とのこと。

やはり、スポーツをされている方は、若くてエネルギッシュですね。

 

ずっと、こちらにお住まいであるとのこと。

娘さんが二人いるとゆうこと。

娘さんが、東京に行っていたけれど、最近帰ってきてからは、ちょくちょく孫をつれてくるので、疲れてどうにもならない。とゆうこと。

なんかを話しました。

なんだか、目がすごく生き生きしており、ひざのリハビリも順調で、また早くバドミントンをやりたい、とゆう感じでした。

 

横向かいのじいさんも、なんだか、話かけてくるようになりました。

先日までは、横で聞いていた感じ【肺炎】のようで、ずっと長らくうずくまっておりましたが、昨日くらいから、やけにニヤニヤと、元気になりましたね。

今朝がたは、いきなりわたしのカーテンを開き「兄ちゃん、新聞読むかい?」とか、言ってこられましたね。

こうゆうのは、病院にいるとよくあるんですが、たぶん、会話に飢えているんでしょう。

僕の場合、子供らが毎日来てくれて、やかましいくらいなんで、会話に飢える、とゆうことはなく、むしろ、普段はストレッチやら、その場練習やら、トレーニングやら、ブログ書きやら、いろいろやっているので、ひっそりとネズミのようにしていたいのです。

もちろん、ゲームもやりますよ、ゼルダがあるので、やりたいんですが、ゼルダは退院したら子供らとプレイする約束をしているので、がまんしています。

ゼルダはちょっと、小さい携帯画面で一人でプレイしてしまうのが、もったいないくらいの最高なのですよ。ふふふ。

本当はプレイしたいのですが、ゼルダはブラブラと歩き回るだけで、ものすごい開放感なので、病院に入院している人こそ、ぜひプレイしてほしいゲームです。

風の音、草のたなびく感じ、朝日が上ってくる瞬間や、夕焼け、川の流れ、水の透明感、なにもかもが、まるで子供時代に外で自由に遊びまわっていたときのようです。

だが、ガマンだ。

子供らとプレイするのを、楽しみにしているのです。

ただ、入院されていて、外に行きたいけど、どうしても出れない・・・

つらい・・・

とゆう人は、ゼルダはとてつもなくおすすめです。

一応、紹介しておきますかね。

ゼルダの伝説、プレイ画面です。

f:id:sakuratei2570:20180223142331p:plain

こうゆう山も、どんどん登りますが、体力的なものが減っていきますので、なくなると落ちますので(^_^;

f:id:sakuratei2570:20180223142355j:plain

とにかく、とてつもない開放感!

 

外国のゲームも、オープンワールド全盛の今昨今ですので、外にいる気分が味わえるゲームはたくさんありますので、いろいろ気分転換に、されてみるのも良いと思います。

 

わたくしがもう長いことやっているゲームの一つに、【クラッシュオブクラン】があります。

これはもう五年くらいやっている【アプリゲーム】です。

f:id:sakuratei2570:20180223142636j:plain

iPad2ではじめたので、もう文字を入力するのに、入力してから30秒後に文字が入ったりするくらい、ちょっときつい感じですが、普段の操作は快適です。

 

こんな感じで、バーバリアンや、ごっついヨロイで刀のPEKKAや、さまざまなユニットで戦い、相手から資源を奪い取り、こちらの村を少しずつ、何ヶ月も、何年もかけて、少しずつ強くしていきます。

f:id:sakuratei2570:20180223142902j:plain

最近は、ゲーム内ゲームのような【大工の拠点(夜の村)モード】とゆうのも導入されました。

f:id:sakuratei2570:20180223143110j:plain

これも、わたしもよくプレイしてますが、楽しいですね。なんだか、リアルな1VS1モードなので、格闘ゲームのような、そんな要素がありますので、負け続けると、かなりきますけども。

ちなみに、わたくし、この【クラッシュオブクラン】のブログも書かせて頂いておりますね。

【クラクラちんまりブログ】とゆう、タイトルです。

※クラクラは、楽しい雰囲気が大事なので、あまり、書いている本人であるわたくしが、闘病中であるとか、入院中であるとか、そうゆうことは、あまり書かないようにしていますので。

 

とゆう感じで、入院中の気分転換などのお話を、今回は書いてみました。

 

クラッシュオブクランは、僕は今まで四年はやってますが、総課金額は、2000円~3000円くらいなので、しかも今(新規プレイヤーの方)は、その課金もほぼ必要なくなってますので、課金なしでこってり楽しめるので、入院中などはおすすめですね!

人様の村から、資源をガッパリ頂くと、なかなかに爽快ですぞヽ(´∇`)ノ☆

 

では、今回は、こんなところで失礼いたしますぞい(´ゝω・`*)ノでわでわ

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村