とうとう・・・ガンになってしまいました【精巣(睾丸)腫瘍】とリンパ節の転移

精巣腫瘍の発見から、摘出手術→BEP(科学)療法→回復したのかな?!→BEPのブレオマイシンの副作用【薬剤性の肺障害(肺繊維症)】発症!とゆう闘病の日記のような内容になります。ガンにならないためには、どうしたらよいのか?なにかできることは?とゆうことも、書いていこうと思います(*‘ω‘ *)

とうとう・・・ガンが回復しました【71回目】薬剤性間質性肺炎とプレドニン「激しい全身の痒み!」

こんにちは、こんばんは(*‘ω‘ *)

 

お久しぶりです。

最近は、抗がん剤の副作用である、薬剤性間質性肺炎のほうも、わりと調子が良かったこともありまして、先週だったでしょうかね・・・

休んでしまいましたが・・・呼吸器科のほうを・・・

(;´・ω・)うーーーむ・・・

やはり、良くないですね。

 

自分で、体内酸素濃度のほうは、オキシメーターを以前購入しましたので、測っているのですが、まだわりと安全圏だと思われる範囲です。97~98くらいですかね。

 

ただ、なんだか。

体中が・・・痒(かゆ)くて、痒くて、なんだか、どうにもなりませんな。

最初のうちはまあ、「なんか、痒いなあ・・・」

と、思ってましたけども。

あまりにも、激しく痒いもので、どんどん掻いているうちに、皮膚が、なんだか、ぽつぽつがたくさん出てきたり、だいぶ、なんだか、まずいですね。

 

お湯なんかに入りますと、刺激になるようで、ものすごく痒くなり、めちゃくちゃ掻いたりすると、皮膚にぽつぽつが、たくさん出てきます。

f:id:sakuratei2570:20181005022509j:plain

こんな感じですね。

赤くて、ぽつぽつが、たくさん出ます。

大丈夫なんでしょうかね、わたしは。

 

いささか、恐ろしくなってきたので、調べてみますと。

最初に行き当たった、ネットでの情報が、こんな感じのものでした。

【皮膚筋炎】

f:id:sakuratei2570:20181005022726p:plain

こんな感じになるようです。

手の裏などの関節部分などが、赤くなるようですが、わたし的には、

「手の裏にかかわらず、赤くなるんじゃないか」

と考えました。

そう考えますと、いろいろと、赤くなっているようなところがあり、とくに、痒いところは掻いたせいもあると思いますが、赤くはなってますので、いささか恐怖でした。

どのように恐怖したのか?

といいますと。

皮膚筋炎は、間質性肺炎と合併で、発病することが多く、20%の方に、なんと。

【肺がん】

を伴うことがあります。

なので、発症からおよそ2年間ほどにおいては、肺がんの検査などの経過観察を、しっかりと行う必要があります。

と、しっかりとした医師の方が、病院か、なにかのいわゆる【ブログ】ではなく【HP(ホームページ)】のほうで、書かれておりまして、ビックリしました。

「えっ・・・おれ・・・これ・・・?!」

「皮膚筋炎・・・になっちまったのか・・・・」

間質性肺炎と併発すると・・・・20%の人に・・・・肺がん・・・・」

とゆうことで、もう、これからもう、いったいどうなってしまうのか。

恐ろしく、恐怖しました。

f:id:sakuratei2570:20181005024314p:plain

この文面も、インターネットで調べさせていただいたものですが、なかに【致死的】とゆうような言葉も書かれており、「また・・・入院か・・・やっぱり・・・あっちの世界に行く運命だったのだな・・・」とゆう気持ちになりましたね。

 

今現在も、抗がん剤による副作用である、【薬剤性間質性肺炎】の治療中ですので、あまりにも恐ろしくなりました。

間質性肺炎と、肺繊維症は、ほぼ同意語であるらしく、肺が、間質性肺炎によって線維化した状態のことを【肺繊維症】とも言う、とゆうようなことだそうです。

※医師の先生に聴いたことではなく、ネットで書かれていることです。

やはり、本当に正しいことは、自分で病院に行き、先生に診断してもらうしか、ないのだと思います。

ただ、自分で入念にインターネットで、たくさんの情報を調べて、研究することも、良いことだと思います。

いろいろな方々の、体験談・治療経験などは、無駄な情報だとは思っていません。

わざわざ、長きにわたって、嘘の病気のブログをでっちあげる、とゆうことは無理だと思いますので。

 

それで、大変に恐ろしく感じましたので、とにかく、一刻も早く病院に予約の電話をしなくてはっ・・・!

と思いましたが、まだ、入念にとりあえず、夜でしたので、予約することもできなかったので、さらに知りべていきましたね。

すると。

 

今度は、【プレドニン(ステロイド剤)】などの服用を止めた時になる。

ステロイド離脱症状

とゆうものが、あるという情報を見つけました。

f:id:sakuratei2570:20181005024051p:plain

病院の先生様の書かれていることですので、なるべく、一言だけ借りるような形で、保存させて頂きました画像です。

 

プレドニンなどの【ステロイド剤】の投与を、いきなり中止してしまうと、【離脱症状】とゆうものが起こるようです。

なかには、激しい痒み、とゆうようなことも、項目に書かれていましたので、これはもう。「ああ・・・これだわ・・・」

とゆうように思いましたね。

「なるほどな・・・プレドニンを中止してしまってから・・・けっこうたつからな」

とゆうことで、おそらく、ステロイド剤の離脱症状。とゆうことなんではないかな、と思っております。

 

それにしても、痒くて、どうにもなりませんな。

顔も、乾燥してすごいですね。

ポロポロと、皮膚(表面の薄皮)がはがれて、ポロポロと、落ちてきますね。

いくら化粧水などをつけても、あまり意味もなく、あっとゆうまに乾燥し、ポロポロと、皮膚からなにかが、落ちてきますね。

子供らに見てもらい、俺の顔・・・大丈夫かい?

と聞くと。

「大丈夫じゃない」

とゆうことでしたね。

 

今現在、そんなに息苦しさもなく、オキシメーターの計測でも、そんなに悪い数値でもないので、なんだか、まあ、とゆう感じっすね。

 

即入院とか・・・そうゆうんじゃないなら・・・まあ・・・。

 

とゆうか。

まあ。

そんな感じっすね。

 

いや、行ったら行ったで「即、入院ですね、明日から入院してもらいます」。

とゆうような、そうゆう状態かも、しれないですけども。

 

まあ・・・。

うむ・・・。

 

(*‘ω‘ *)でわっ!

 

<(_ _)>読んでいただき、ありがとうございます。